アウトリーチサービス(往診・主治医意見書作成サービス)


外来通院できない高齢者が増加の傾向にある現在、制度の挾間で解決不能となる以下のようなケースが増えています。


  • 1.介護保険を利用させたいが、歩行困難や認知症のため外来受診に結びつかず、
      介護保険申請のための「主治医意見書」が入手できない。(介護保険申請ができない)
  • 2.急に外来通院ができなくなってしまったが、継続的な医療の関わりが必要である。
  • 3.外来に連れて行ける状況ではないが、救急車を呼ぶべき状況でもない。

地域包括支援センター職員やケアマネジャーの間では、このような事例が地域に数多く散在していることを認識しているものの、医療側からのアウトリーチが得られない限り解決できないようです。

村井クリニックでは、このような事例に対して臨時の往診を行い、医療の視点から介護、生活支援のアセスメント、医師意見書の作成、生活基盤の確保までを積極的に関わってゆきたいと考えています。

〇 利用条件

  • 医療の関わりが必要なこと
  • 外来受診ができないこと
  • 救急車を優先すべき状況でないこと
  • 他に往診してくれるかかりつけ医がないこと、または不明であること
  • 地域包括支援センター職員またはケアマネジャーが往診に立ち会うこと

〇 アウトリーチサービスの流れ

▽ステップ1▽

『医療介護連携シート(Excel版/PDF版)』に問題点・ご要望を記載のうえ、「村井クリニック地域連携推進室」まで、シート記載の連絡先にてメールもしくはFAXでお送りください。(生命の維持に関わる問題がある場合は、緊急の旨を明記すること)
◇ お申し込みは、原則として、地域包括支援センター職員、ケアマネジャーの方からお願い致します。

▽ステップ2▽

地域連携推進室のスタッフが、医師の予定を確認のうえ、同行できる日程を調整します。
往診先の住所、駐車スペースの確認、フェイスシート等のご準備をお願い致します。

▽ステップ3▽

主治医意見書が必要な場合、『主治医意見書予診票(Word版/PDF版)』に可能な範囲で記入して、「村井クリニック地域連携推進室」まで、同様にメールもしくはFAXでお送りください。

▽ステップ4▽

現地にて合流。⇒方針の決定、主治医意見書の作成。


受診される皆様へ

こんにちは。
栃木県宇都宮市にある村井クリニックです。私たちは医療を通じて皆様の幸せな生活を支えます。


インターネットで再診予約ができます。
初診日の翌日以降に利用可能です。
利用できない場合は登録を確認いたしますのでお手数ですがお電話等でご連絡ください。

ぜひご利用ください。

*サービス利用に関する注意点



村井クリニック お問い合わせ電話番号 ご予約・お悩み・ご不明点などありましたらお気軽にご相談ください。