[企画紹介]ホームヘルスケアタウンうつのみや


『顔の見える連携』
医療介護の現場。どんな人たちがいるのか、ともに知る、密に連携する、を目指す。

「顔のみえる連携」の実現を目指して、栃木県宇都宮市の医療介護連携の促進を目的として、医師とケアマネジャー有志で運営されています。 *村井邦彦院長は「ホームヘルスケアタウンうつのみや」代表をしております。

ホールヘルスケアタウンうつのみや Facebookページ*外部リンク



●第10回寺子屋わーく

第10回となる今回は、デイサービス事業所によるプレゼンテーション大会です。それぞの事業所オンリーワン情報満載です!もちろんグループワークもありますので、デイサービスへの素朴な疑問・質問もOKです。また今回プレゼンをされないデイサービスのスタッフの方も是非ご参加いただき、普段交流の少ない他のデイサービス事業所との交流の場としてもご活用ください!

◎第10回寺子屋わーく new
ホームヘルスケアタウンうつのみや 第10回寺子屋わーく(2017.6.9)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 6月 9日(金)18:30~20:30(18:15受付開始)
  • [開催場所]
     とちぎ福祉プラザ福祉研修室AB(3階)*アクセス
  • [対  象]
     在宅に関わる医療・介護職<定員100名;参加費無料>
    *参加申込み必要

■プログラム■

session1『うちのデイ自慢』
事業所による、特徴等のプレゼンテーション

session2『グループワーク』
「デイサービスの現状」「デイサービスに求めるもの」についての情報交換から、これからのデイサービスについて考える。


■開催報告■

今回はデイサービス事業所によるプレゼンテーション大会!6事業所の皆さんが発表してくださいました。
プレゼンセッションでは、スライド発表や実演などを用いた各発表をとおして、各事業所の取り組みについて学びました。それぞれのデイサービスの理念などを知ることもでき、思いを共有できたと思います。

質疑応答やグループワークでは、実際的で充実した意見交換がともにできました。特に話題だったのは「デイサービスでのお看取り」についての議論でした。「デイサービスでどこまでできるのか」「担当者会議などにおいて、どこまで詰めた話ができるのか」「いかに、ご本人に寄り添った介護ができるか」などといった命題について、参加者の皆さんも多くの学びと気づきを得られたのではないかと思います。

またデイサービスの事業所間での情報交換の場が少ないことも知りました。今後の課題の1つとなりそうです。この会をきっかけとして、ともに切磋琢磨できる仲間が見つかり交流を深めていただければと思います。

ホームヘルスケアタウンうつのみや 第10回寺子屋わーく(2017.6.9開催)


●第9回寺子屋わーく

第9回となる今回は、ケアプランや個別サービス計画作成に生かせる解剖生理を中心とした勉強会です。ともに知識の共有を図りながらお互いの課題を見出せたらと考えています。

◎第9回寺子屋わーく
ホームヘルスケアタウンうつのみや 第9回寺子屋わーく(2017.4.6)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 4月 6日(木)18:30~20:30(18:15受付開始)
  • [開催場所]
     とちぎ福祉プラザ福祉研修室AB(3階)*アクセス
  • [対  象]
     在宅に関わる医療・介護職<定員100名;参加費無料>
    *参加申込み必要

■プログラム■

〇講 演〇
『症状から身体の働きを考える』
 のん美里ホームながおか 主任ケアマネジャー
 砂川由美子 氏

〇グループワーク〇
学びや知識の共有・課題の検討など


■開催報告■

今回は「介護職が理解しやすい医療用語と解剖生理~症状から身体の働きを理解する~」をテーマとして、医療・介護関係者82名と多数のご参加もいただき、盛況のうちに無事開催することができました。
医療用語の理解、特に基本的なところとなる「バイタルサイン」を中心に、よく見られる「症状」についてどう判断するか、また、身体の中ではどういうことが起こっていると予測されるのかを学びました。グループワークでは、事例を元に「介護職」と「医療職」の立場で見方の違いを感じることとなり、お互いの垣根をともに下げることができました。
医介連携を図るにあたり、「共通言語」をもつという課題をクリアしていく必要があります。言葉だけではなく、お互いを知りあうことでより一層強固な連携が図れたらと思った夜でした。

ホームヘルスケアタウンうつのみや 第9回寺子屋わーく(2017.4.6開催)


●第8回寺子屋わーく

第8回となる今回は「高齢者の運転免許について~地域での安全な生活を支えるために、私たちにできることを考えよう~」がテーマです。多くのニュースで取り上げられる課題、私たちにも積極的な対応が求められているように思います。私たちにできることを話し、ともに考えましょう!

◎第8回寺子屋わーく new
ホームヘルスケアタウンうつのみや 第8回寺子屋わーく(2017.2.9)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2017年 2月 9日(木)18:30~20:30(18:15受付開始)
  • [開催場所]
     とちぎ福祉プラザ福祉研修室AB(3階)*アクセス
  • [対  象]
     在宅に関わる医療・介護職<定員100名;参加費無料>
    *参加申込み必要

■プログラム■

〇講 演〇
『高齢者の運転免許について』
 運転免許センター免許課 川住 浩之 氏

〇グループワーク〇
講義内容から私たちにできることを考える


■開催報告■

今回は、運転免許センター 免許課 川住氏と佐藤氏にお越しいただき、3月の法改正も含めて、高齢者の免許について深く学ばせていただきました。グループワークでは、演者の先生方にも入っていただき、ざっくばらんなお話しがでて、参加した皆様も有意義な時間になったと思います。運転を諦めるようお話しするのは簡単かもしれない、、、それより、免許が無くても安心して暮らせる生活のサポートが大切。当たり前のことだけどまだまだ追いつかない現状。「車なんかなくたって不便じゃないよ」と笑いあえて、泣く泣くでは無く、納得・安心して自主返納や運転できるような環境を模索して行く必要があることを改めて考えることができました。

ホームヘルスケアタウンうつのみや 第8回寺子屋わーく(2017.2.9開催)

●市民公開講座
「家で介護する人される人」あなたの不安や疑問にお答えします

◎市民公開講座
ホームヘルスケアタウンうつのみや市民公開講座(2016.12.4)

■開催概要■

  • [開催日時]
     2016年 12月 4日(日)14:30~16:30(13:30開場)
  • [開催場所]
     とちぎ総合文化センター4階 特別会議室 *アクセス
  • [対  象]
     一般市民<定員150名;参加費無料>
    *参加申込み必要

■プログラム■

〇第1部〇基調講演
『家で介護するということは』
 村井クリニック 村井 邦彦 院長

〇第2部〇寸劇
『頑はるさんのガンバリ介護日記』

*医療や介護の相談ブースもあります!


■開催報告■

第1部は、ホームヘルスケアタウンうつのみや 村井 邦彦 代表(村井クリニック院長)より、「家で介護するということは」をテーマに、在宅医療、在宅介護について、わかりやすくお話しいただきました。第2部は 寸劇「ハルさんの頑張り介護日記」。月永 洋介 副代表(さつきホームクリニック院長)より、また違う切り口で、介護・医療について、ハルさんの介護経験に絡めながら、テンポよくわかり易く説明していただきました。ご来場いただきました多くの皆さまはもちろん、ご協力・ご支援いただいた皆さま、本当に有り難うございました。次回もぜひ宜しくお願い致します!

第8回寺子屋わーく(2016.12.4開催)



受診される皆様へ

こんにちは。
栃木県宇都宮市にある村井クリニックです。私たちは医療を通じて皆様の幸せな生活を支えます。


インターネットで再診予約ができます。
初診日の翌日以降に利用可能です。
利用できない場合は登録を確認いたしますのでお手数ですがお電話等でご連絡ください。

ぜひご利用ください。

*サービス利用に関する注意点



村井クリニック お問い合わせ電話番号 ご予約・お悩み・ご不明点などありましたらお気軽にご相談ください。